としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS キャラル研究 その後

<<   作成日時 : 2008/09/08 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。としょぞうです。

先日,生キャラメル作りの様子を紹介させていただきましたところ,
コメントやメールなど,
さまざまな方面から反応をいただきました!
とってもうれしかったので,ご報告させていただきます。

でも,ちょっと長いので,読みたいところだけ読んでくださいね・・・!
「家庭科教材研究」番外編です。


●その1
画像

「としょぞうさん,これ,知ってますか? 
知らなかったら,ぜひ食べてみて!」ということで,
「バンビの生キャラメル」というものをプレゼントしていただきました!

バンビのキャラメルといえば,
花畑牧場の生キャラメルが大ブレイクするよりも前から
北海道の方たちにはおなじみだったものだそうです。
ホワイトチョコのかかったタイプをいただきましたが,
味と食感は,花畑牧場のものと似ていて,
口の中で,すぐにトロ〜リとして,とっても美味しかったです。
通販でも取り寄せることができますし,
「花畑食べターイ,でも買えナーイ」という方にもおすすめです。


●その2
画像

「学芸大学駅から徒歩5分ほどのところにあるお菓子やさん,
リュードパッシーの手作りキャラメルがすごい!」
という情報をもらい,さっそく買いに行きました。

お店の中の立派なガラスケースの中に,キャラメルが並んでいました。
ボクが買ったのは,5種類が1粒ずつ入ったもので,
530円でした(お〜,一粒,100円する!!)。
冷蔵庫に入っていたのに,口に入れると,ほわ〜〜っととろけました。
しかも,塩味が絶妙で,「おーいしーい!」
これはプロのパティシエの味だ〜,真似ができないな〜と感じました。
プレゼントにいいかもしれないな〜と思いました。

●その3
画像

「DEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)に,
パッケージのかわいいフランスのキャラメルが売っているよ!」
という情報をもとに,さっそく買いに行きました。

たしかにとってもカワイイ。この木の箱は,あとで何かに使えそうです。
ちなみに原材料は
「加糖練乳,砂糖,ブドウ糖シロップ,有塩バター,海塩」とのこと。
練乳から作っているのですね〜。
ほかの海外キャラメルも,ぜひ試してみたいものです。

●その4
画像

「村上祥子さんのお料理手品の本に,
練乳の缶詰をゆで続けているとキャラメルになると書いてあった!」
という情報をもとに,お料理手品の本を買ってみました。
(アマゾンで古本が110円でした・・・)

缶詰を2時間ゆで続けるだけで,キャラメルができるそうです。
「2時間か・・・」ということで,キャラメル作りはちょっと躊躇していますが,
この本,いろーんな食べられる実験・実習が載っていて,
なかなかおもしろく,これからゆっくり読みたいと思います!
『ママと子どもがハマるお料理手品』村上祥子(講談社)

●その5
画像

「高校のクラブで作っていたキャラメルのレシピです。
ぜひ挑戦してみてください!」ということで,
お世話になっている高校の先生に,レシピを教えていただきました!

温度計を片手に,さっそく作ってみました。
ブログ用の写真を撮っているうちに,すこーし温度が上がり過ぎ,
ちょっとカタイ仕上がりになってしまったものの,
このあいだのインチキ配合のようにカチカチにはならず,
キャラメル独特の,ねっとりした食感で,おいしく仕上がりました!
キャラメルの出来上がりは,その日の気温などで変わってくるのだそうです。
練習をして,もっとうまく作れるようにがんばります!

●その6
画像

「教材研究がんばってね」と
森永キャラメルをプレゼントしていただきました。

森永キャラメルは,日本で一番初めに生まれたキャラメルだそうです。
ちなみに原材料は「水あめ,加糖練乳,砂糖・・・・」と続きます。
水あめが一番多い配合なんですね〜。
しばらく食べないうちに,個別包装の紙が銀色のものに変わっていて,
とーっても衝撃的でした!


みなさん,ありがとうございました!

それにしても,家庭科の先生って,
おいしいものの情報をよく知っているな〜・・・。


これからも,情報お待ちしています。

としょぞう




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャラル研究 その後 としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる