としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都公立学校美術展覧会

<<   作成日時 : 2009/02/16 12:13   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

こんにちは。としょぞうです。

上野の東京都美術館で,
「東京都公立学校美術展覧会」が行われているという情報をいただきましたので
15日(日),さっそく行って参りました。

都内の公立小学校・中学校の
図画工作、美術、工芸、技術、家庭、書写の生徒作品が
ものすごい量,展示されていました〜。

画像

(これは中学校作品で,刺繍ブックカバー,刺繍巾着袋など)

ボクは今,中学校技術・家庭科(家庭分野)の編集をしていますが,
中学生の作品だけでなく,小学生の作品が見れたことが
大変参考になりました。

小学生(家庭科)の展示のメインは,エプロン,袋物,クッションでした。

ボクのお気に入りの小学生作品は,この,ピングークッションでした↓↓↓。
画像

口を縫い付けるのに,とっても苦労している様子がうかがえます。


中学生の作品は,いろーんな種類のものがありました。
洋服,袋物,和服(ゆかた,じんべいなど),幼児向け絵本(布,紙),
羊毛フェルト作品,刺繍作品,幼児のためのおもちゃなどなど,
ほんとにいろいろなものが飾ってありました。
画像


小学生の作品に比べると,やっぱり中学生の作品には,
「上手に個性を出している」「手先が器用になっている」
「自分の思った通りに作るために工夫をしている」
「ものづくりが本当に楽しそう」など
人間としての成長を感じることができました。


裁縫作品だけでなく,ちょっと変わった展示もありました。

教育図書営業部員によるブログ「営業日報のようなもの」の
2月9日の記事でも紹介されていた食品のパッケージ作品です。
(↓↓↓これは江戸川区のある中学校の2年生の作品)
画像


中央区のある中学校では1年生の作品として
同じような食品パッケージが
展示されていました。流行ってますね〜。表示を作らせる実習は。

2月13日〜2月19日(木)の14時までなので
残りは平日だけですし,なかなか見に行ける方は少ないかもしれませんが,
生徒の力作ぞろいで,行ってみる価値アリですわ〜。

↓これは美術作品で展示されていた紙粘土(?)の納豆ご飯。
ものすごくおいしそう。食べ物への愛が感じられます。
この子は家庭科も好きなのではないかな〜。
画像


展覧会は大盛況で,たくさんの人が見に来ていました。
ボクはそんな中,マスクをして(花粉症)
携帯で写真を撮りまくり,メモをとりまくっていたので
かなりあやしかったと思います・・・・

お孫さんの作品を見に来たと思われる老夫婦が
うれしそうに展示を見ていました。
画像



ほかの県の先生方も,作品展などを行うことがありましたら
ぜひ情報を教えてくださいね!
(限界はありますが,できるだけ実物を見に行きたいな〜)

としょぞう


<としょぞうのつぶやき・・・>
これから,中学校では「選択」の時間がなくなるので,
こういうふうに,ものづくりを楽しむ時間が少なくなってしまう・・・と
ほんとにさびしくなりました。

高校でも,「家庭基礎」を選択する学校が増えていて,
ますます家庭科でものをつくる機会が減っています。

家庭の機能として,ものづくりの技術や知識など
いろいろなことが伝わりにくくなっているので
学校現場でのものづくりの時間は,
これからの時代,ますます重要になっていると思うのですが,
どんどん減らされているのが,とても悲しいことです・・・。

少なくともあと10年もこんな状態が続くんですね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントさせていただきます。
家庭科の非常勤講師をしているものです。
ミクシーの家庭科関連のコミュでこちらのサイトを知りまして、
いい刺激を受けさせてもらっています。

そうなんですよね。
選択の時間が減ると、
今まで行ってきた手芸や編み物といった、
被服の発展的なものが扱いにくくなります。

子どものころに手をうごかしていれば、大人になった時にも、
何かものを作るきっかけになると思うんですよね。
そのような時間が減るのは、将来手づくりしようっていう人間が減ってしまうことに繫がらないかな、なんて大げさかしら…。

ちなみに、非常勤の身にとっては、講師時間が減るというのもツラいです。

それでは失礼致しました。
まっちゃん
2009/02/17 19:17
 さっそく展覧会に行ってくださってありがとうございます。さすが、フットワークが軽くてさすがだと思いました!私も納豆ご飯、大注目でした。娘が見つけて、「これ、これ、本物みたい!」って。本当に美味しそうでした☆
 私も、小学校の作品はとても参考になると思います。また、小中学校ともに美術の作品が、学校ごとに傾向が全く違うことに毎回驚いています。(つまり、先生の得意分野や趣味が作品にばっちりあらわれている。ということ。)
 ものを作る、しかも丁寧に作る、というのは時間がかかることです。それをはしょったら、良いことは一つもないですよね。
yurimama
2009/02/17 21:27
まっちゃんさん はじめまして!!
読んでいただきまして,ありがとうございます。ミクシイでは,少し前は頻繁に宣伝活動をしてみていたのですが,最近ぜんぜん見にいかなくなってしまいました〜。また行ってみないと! 非常勤の先生なんですね。楽しい授業を作って,なにか「こ,これはいい!」と思ったことなどありましたら,ぜひとしょぞうにも教えてくださーい! また見にきてくださいね。
としょぞう
2009/02/18 09:08
yurimamaさん いつもありがとうございます。そして,展覧会の情報もありがとうございました。としょぞうのフットワークが軽いだなんて,yurimamaさんには追いつけませんって感じですよ!! おかげさまで,いい勉強になりました。ありがとうございました〜〜〜。またいろいろと教えてくださいね。
としょぞう
2009/02/18 09:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京都公立学校美術展覧会 としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる