としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 提出してきました。

<<   作成日時 : 2010/04/26 16:44   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

こんにちは。としょぞうです。

先週の金曜日

ついに

家庭分野の教科書を,文科省に提出してきました〜〜!!

画像


ここまで,本当に長かったです・・・。

みなさん,応援とご協力を,本当にありがとうございました。



文科省へは,教科書を30冊も提出するんですよ。
(教科によって,数はちがいます。)

提出に必要な書類と,検定料を持ち(中学校の検定料は,1頁あたり440円!)


それなりに重いので,スミムシと一緒に行くことにしました。



が,,,

スミムシと一緒ということは,,,,やはり,,,,


画像




(スミムシ雨男疑惑・・・)


先週末の東京は,冷たく寒〜〜い雨だったので,

営業部のJ部長に,車で連れて行ってもらいました。


みんなに見送られ,

いざシュッパーツ!



画像




書類は,一応ちゃんと揃っていたようで,

無事に,受理されました!!


ぐおおお〜〜〜。

とりあえず,提出できました!!!



検定結果は,秋までお楽しみ(!?)に〜〜〜!!!



と,いうことで,提出後のトショゾウは,ヌケガラ状態です・・・。

白く燃え尽きています・・・。

画像



ちなみに「技術分野」の提出は,提出期限の最終日の明日だそうです。



今はヌケガラ状態のトショゾウですが,
ゴールデンウィークあけから復活したいと思います。

これからもよろしくお願いいたします!

としょぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
としょぞうさん、これまでお疲れ様でした。
ところで、検定料が1頁あたり440円というのが驚きです。
1冊でいったいいくらになるんだろう・・・・。と計算しそうになりました。
ゆっくり休んだら、またおもしろいブログの記事を書いてくださいね。
よっしー
2010/04/26 20:57
お疲れさまでした☆
産みの苦しみ…って感じだったのではないでしょうか。でも、満足のいく仕上がりになったのだろうと思います。カタチになる、ってすばらしいです。

わたしも、よっしーさんと同じで、『1ページあたり!?』ってびっくりしました。厚い教科書は検定料が高いんですね?
ではでは、しばらく、ゆっくり休んで英気を養ってください。
yurimama
2010/04/26 21:33
お疲れ様です。本当によかったですね。
皆に見送られいざ出発の絵が味があります
胸元のYが素敵です。
皆さんの思いがつまった教科書是非見てみたいです。
kewpiechan
2010/04/26 22:00
よっしーさん ありがとうございました!
検定料のページ単価については,小学校が一番安くて(270円),高校が一番高いん(540円)ですよ〜。しかも,たとえばB判の教科書の場合は単純に計算できなくて,ページ数に1.5をかけてから,さらに頁単価をかけて計算したりなど複雑です。結構な金額になるんですよ〜。検定料・・・。
としょぞう
2010/04/27 10:00
yurimamaさん どうもありがとうございます。そうなんですよ。厚いと,高くなるんですよ〜〜〜。
白い頁でも,ぎゅうぎゅうの頁でも,目次でもさくいんでも,表紙でも,頁単価は一緒なんですよ〜。この会社に入るまで,教科書検定にお金がかかっているなんて考えたこともありませんでした〜。安いんだか,高いんだか,よくわかりません。この金額!
としょぞう
2010/04/27 10:03
kewpiechanさん こんにちは〜。どうもどうも〜。
あわたまスープの8個入りを,この間通販利用で購入してみましたよ〜。お気に入りです。ゲーコやY部長,書道担当Kさん等に見送られ,元気に行ってきました。文科省さんに,なんとか受け取ってもらえて,よかったです。GWの予定は真っ白なんですけど,なんか,今は,真っ白なのが気持ちいいです(笑)。
としょぞう
2010/04/27 10:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
提出してきました。 としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる