としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の情報収集

<<   作成日時 : 2010/09/01 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。としょぞうです。

ついに9月になってしまいましたね。

全然すずしくならないので,授業に支障が出ないか心配です・・・。




今日は,最近読んだ本などをご紹介します。

新刊というわけでもないので,先生方は,すでに読んだ本ばかりかも〜・・・。


その1〜!
『子どものよさを活かす家庭科授業−出会う・かかわる・つくり出す−』
筑波叢書10 筑波大学附属小学校家庭科研究部 勝田映子著

画像


小学校家庭科の授業の実践事例集です。

この本,おもしろいです!!
どんどん読んでしまい,すぐに読み終わってしまいました。
もっと続きが読みたくなりました〜〜。

なんといっても,子ども達から出てくる言葉が,かわいい!
小学生って,なんてかわいいんだろう〜!!!と思いました。
しかし,先生の授業の持って行き方が上手だから,
いろいろな言葉が出てくるのでしょうねえ。

新学習指導要領では小・中・高のつながりが重視されるので,
中学・高校の先生方も,ぜひぜひ読んでみてくださ〜い!
参考になることが多いと思いますよ〜〜。


その2〜!
小・中・高のつながり・・・ということで,
数年前に一度読んだ本を,もう一度読み直すことにしました。


『Let’s食育 ここがポイント』
アイ・ケイコーポレーション  金子佳代子他 編著


画像



小・中・高それぞれの,食の授業の実践事例集です。

今後ますます重視される「食育」の中心的な役割を果たす家庭科の授業はどうあるべきか・・・,
また,他教科とのかかわりは・・・等々,
詳しい資料も掲載されていて,とても勉強になります!

生徒さんたちと,先生とのやりとりが会話形式で掲載されていたりして
とっても読みやすいし,おもしろいです!!

先生方の授業展開はおもしろくて,いろんな情報を生徒たちに提示して考えさせています。
ボク的には「ええ!! そうなの??」と思うことも多かったです。
子ども達の心に残る授業例が満載でした〜。


その3〜!
『世界一やさしい問題解決の授業』
ダイヤモンド社 渡辺健介

画像



今後ますます重視される問題解決的な学習を深めるための参考書として
ある高校の先生に,最近教えていただいた本です。

子どもでも読めるように,とてもやさしく解説されていますが,内容は奥深いです。

論理的な思考が不得意なボクには
結構苦手な内容だったので,読むのに時間がかかりました。

家庭科の本というわけではないので,どう活かすかは,先生次第とは思いますが,
なかなか面白いです。

「ちょっと変えたら,あんな資料を作れそう?」「ぜひ仕事に活かしたいな〜」と思いながら,
今のところ悶々としています(笑)。





その4〜!


上の3つは本でしたが,最後にDVDをご紹介!!

『女工哀歌』
 →映画HP

こちらの作品も,少し前のものなので,すでにご存知の先生も多いかもしれません。
中国の,あるジーンズ工場で働く少女たちについてのドキュメンタリー映画です。


十代の少女が,親元をはなれて,住み込みで,
時給0.5元(約7.8円),朝から夜中まで,
眠さをこらえながら,働き続ける・・・・。

こんなに働いても,
食事も生活空間の衛生状態も,決して「良い」とは言えない・・・。
洗濯は,バケツで手洗い・・・。
自由にお湯も使えない・・・。自由に外出もできない・・・。
ほとんど休日もなく,給料日が先延ばしになることもあり,
電車賃がないからお正月に実家に帰ることもできない・・・。

なんか,もう,ものすごく,つらい〜〜。

安い服を買って喜んでる場合ではありません・・・

少女たちの月給=200元〜500元(3,120円〜7,800円)・・・!?


中国のGDPは,最近,日本を抜いたんじゃなかったっけ・・・。

こんな労働がそれを支えているのだとしたら・・・。

う〜・・・。

ああ〜・・・。

なんか,もう,言葉になりません・・・。


DVDには監督インタビューなども収録されているので
ご興味のある先生は,見てみてください!


としょぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の情報収集 としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる