としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS としょぞう夏休み・福島へ(前編)

<<   作成日時 : 2012/07/30 11:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。としょぞうです。


教育図書編集部的には,来年度用教材等の仕込みで,
だんだん忙しくなってきました・・・。

今年も暑いですね・・・。
先生方は,いかがお過ごしでしょうか・・・。



としょぞうは,8月〜9月はだいたい毎年忙しいので,
今年も早めに夏休みっぽいことをしましたよ〜。

7月のはじめに,日帰りで福島に観光に行ってきました〜!

画像


(↓これはとなりの線路にいた「はやぶさ」。自分が乗ったのは「なすの」でした)
画像



福島には,大学時代に所属していたサークルの先輩家族が住んでいるので,
会いに行ったのです。

先輩達は,浪江町に住んでいたのですが,
原発事故の影響で,本宮市で避難生活をしています。


郡山駅で集合して,
まずは,「なみえ焼きそば」を食べに連れて行ってもらいました。


さて,「なみえ焼きそば」って,ご存知でしょうか??

なみえ焼きそばは,福島県双葉郡浪江町の,
具はもやし・ぶた肉,そして極太の麺が特徴のご当地グルメです。

2011年のB-1グランプリで4位だったのですよ〜。



二本松駅前の仮店舗にて営業中の杉乃家さんに連れて行ってもらいました〜。

なみえ焼きそばを出していた多くの店が避難生活で営業できなくなってしまい,
なかなか食べられない貴重なものとなってしまったそうです。

12時前だというのに,お店の外には行列ができていました。



画像


焼きそばは,うどんのように太い麺がとてもおいしかったです!
にんにく風味の唐辛子を少々かけていただきました。

先輩は,大盛りを注文・・・。二人前以上ありそうな・・・。

ふつう盛りとの比較写真を撮らせてもらったのですが,
実物はもっと巨大な感じで,かなりの大盛りでしたよ。

画像


しかし先輩は,ぺろりと完食していました。
学生時代と変わらず,若い・・・。 さすがです。



としょぞうはふつう盛りを・・・。

画像


うーん,うま〜〜〜い!!!! うますぎる〜! 一気に完食しました。


さて,この焼きそばが盛りつけられているお皿にもヒミツが!

画像


馬が九頭・・・。

これは,大堀相馬焼という焼き物で,

馬が九頭なのは,「馬九行久(うまくいく)」を表している
縁起のよいお皿なのだそうです。



先輩夫婦はお店の方々と顔なじみで,
久しぶりの再会がとても懐かしそうでした。

原発事故の影響を受けた地域の人たちは,
もともと住んでいた家に帰れないだけでも「ありえない!」って感じだと思うのに,

地域住民,いつも食べていたもの,いつも利用していたお店,
当たり前に回りにあったいろんなつながりからも,
はなればなれにされてしまったんだよな・・・。


お土産に「なみえ焼そばスナック」を購入して,
次の場所に向かいました。


つづく


としょぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
福島のみなさんのご苦労はまだまだ続いているんですね。昨日の山口県知事選では、脱原発を訴えた候補者ではなく、原発建設の凍結を訴えた候補者が当選しました。(上関というところで、原発の計画が決まってから20年以上経ちます。)
今回の記事は、楽しいけどちょっと切ない内容でした。私も福島を応援するために何かしたいです。後半も楽しみにしています。
よっしー
2012/07/30 20:38
よっしーさん いつもありがとうございます〜! としょぞうのせつない気持ちを共有していただいて,ありがとうございます。いっしょに福島を応援しましょう〜。

山口県知事選の結果をテレビのニュース速報で見たとき,なんとなくよっしーさんのことを思い出していました。オスプレイのニュースのときも・・・。山口と聞くとよっしーさんを思い出してしまいます。山口が身近になりました(笑)。
としょぞう
2012/07/31 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
としょぞう夏休み・福島へ(前編) としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる