としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 食感を表すことば

<<   作成日時 : 2012/10/15 11:38   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。としょぞうです。

先日,ブログで「魚が気になる!」ということを書きましたら,
コメント欄で興味深い商品を教えていただきました。

買ってきたトレーごと,レンジでチンすれば食べられるみりん干し!

イオン系のスーパーで入手できるという情報をもとに,
探してみました〜。

そして,実家近くのマックスバリュにて発見!

画像


持ち帰りに失敗して,トレーの中で魚が偏ってしまいました・・・(笑)

教えていただいたとおり,山口県下関加工!

画像



ラップに爪楊枝などで穴を数カ所あけて,レンジでチンすれば,
そのまま食べられるとのことでしたが,
としょぞうは,ひとり暮らしなので,一度トレーをあけて,
1枚ずつ調理しました。

1枚だから,ちょっとレンジ時間を短めにして・・・

あ,まわりがちょっとこげちゃった!!(汗)

画像



でも,まわりはカリカリで香ばしく,中はふんわり

おいしくいただきました!!!!

トレーに角度がついていて,余分な油が落ちる仕組みになっているようでした。


レンジ調理でこんなにこんがり香ばしく魚が焼けるなんて!!

こんがり香ばしく!!!


って,そういえば・・・。

先日,テレビで見たのですが,最近の市販食品は,
食感を表す言葉を商品名に使った商品が増えているとのことでした。

たとえば,

↓ スライスチーズ

画像



↓ ウインナー

画像


ほかにもいろいろとありますね〜。

さらに,最近では,その食感を表す言葉が,

「短く」なってきているとのことですよ。

たとえば,

↓ 食パン・・・「もっちり」と「ふわふわ」の短縮形

画像



最近は,市販食品の数がものすごく増えているので,
他社メーカーの商品と差別化をしようとして,
すこしでもおいしそうに,めだつように,インパクトを与えるように!
ということで,こういった食感を表すネーミングが増えているとのことでした。

それから,商品の多様化により,
消費者側が,こういった名前の商品を受け入れるようになったという
変化もあるそうです。
一昔前だったら,企画会議の段階で,「こんなふざけた商品名あるか!!」
となってしまうような名前でも,
最近は「これでいきましょう!」となりやすいのだそうです。


「おいしさを表現する言葉」「食感を表す言葉」など言っても,
日本語にはいろんな言葉がありますよね。

「ふわふわ」「とろとろ」「ねばねば」「つるつる」「プリプリ」
「しゃきしゃき」「ほくほく」「カリカリ」「あつあつ」
「こんがり」「きつね色」「ジューシー」「こくがある」「うまみたっぷり」


おもしろいですね〜!
ほかの国ではどのように表現するのでしょうね〜・・・!!


家庭科の調理実習でも,
「野菜炒めは野菜のシャキシャキ感を出すために・・・・」とか,
「じゃがいもをホクホクに仕上げるために・・・・」とか
こういった豊かな日本語表現を使いますよね。

調理実習中や実習後のまとめにこういった言葉を使って,
表現豊かに調理実習を行うのもいいかもしれません。

言語活動の充実!?!

心に残る実習になりそうです。



ああ,お腹すいてきました・・・

今週も,がんばりましょう〜!!

としょぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
言語活動の充実!!
ちの学校は、校内研修会がよくあって、この間のテーマが「言語活動の充実」でした。。。。
私も研究授業をやらねばならなくなって、苦し紛れに「調理実習の後の反省」をやりました。写真を見ながら班ごとに調理の反省を「話し合って発表する」ということで無理矢理言語活動。。。。。(>_<)

今度は「表現豊かに」を取り入れてみます☆
yurimama
2012/10/15 22:41
yurimamaさん! いつもありがとうございます。yurimamaさんの学校では,言語活動の充実について,校内研修会などをされているのですね!

この間の山梨大附属中の授業後の分科会でもちょっとだけお話がでました。心に残ったこととしては,家庭科での言語活動の充実は,「目的」ではなく「手段」なのだということ。
それから,言語活動というとまとめや話し合い・発表などの場面を思い浮かべるけれど,それだけではなくて,どんな場面でも言語活動を充実させることができるのだということでした。たとえば,幼児ふれ合いのときに幼児に喜んでもらうためにコミュニケーションの方法を工夫することなども言語活動! ああ,先日のブログにはブドウがおいしかったとかそんなことばかり書いていましたが,こういうことも書くべきでした(笑)。 ところで,調理実習の写真を見ながらふり返るって,とってもいいですね〜! またいろいろと教えてください〜!
としょぞう
2012/10/16 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
食感を表すことば としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる