としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS おそくなりましたが,「その2」です。

<<   作成日時 : 2012/11/19 15:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。としょぞうです。

先週の水曜に,愛知県の中学校に行ってきたときのことを書きます。

この日は,「環境学習を基盤としたESDの展開」ということで,
岡崎市の中学校に行ってきました。

ESD(Education for Sustainable Development 持続可能な発展のための教育)の
研究推進校の発表ということで,たくさんの先生方が集まっていました。

最近のとしょぞうは,
「キャリア教育」とともに「ESD」についてもぜひぜひ授業をみてみたい!!
と思っていたので,
ちょっと遠いのですが,愛知県まで出かけさせてもらいました!!
(ちょうど,研究会で岡山に行くはずだった編集部のE塚くんが行けなくなり,
東京〜岡山分の交通費が浮いたので,横目で見ていたとしょぞうが,
その交通費を使わせてもらったのです。)



この日,としょぞうがめざした中学校は,
新幹線→名鉄と乗り継ぎ,
さらに最寄り駅からバスで30分くらい行き,
さらに10分くらい歩く(というか,のぼる),山の上にありました・・・。

こんな道を,のぼりました(先がみえなくてかなり不安に・・・)。

画像


しかし,会場にたどりついたら,

会が始まる前の待ち時間に,生徒たちによる大合唱が!!!

画像


(この写真は空席が目立ってますが,会が始まる頃にはぎっしりになっていましたよ)

遠くからきてくれた先生方に聞いてほしい!ということで,
ものすごく気持ちを込めて歌ってくれて,とってもとっても上手で,

まだ研究会が始まってもいないのに,
なんだかものすごく感動して,涙腺がゆるんでしまいました。

これだけでも来てよかったと思ってしまいました!! いや,ほんとに(笑)。

この日,愛知県の,山の上の中学校に,なんと,
全国から500名くらいの先生方が,集まっていたそうです。

ESDへの注目の高さがうかがえます。




さて,今回の研究発表は,総合的な学習の時間,
または道徳の授業の見学をすることができたので
としょぞうは3年生の総合的な学習の時間を見せていただくことにしました。

山の上の中学校ということで,
中学校のまわりの獣害について考える授業などもありましたよ。
地域色のつよい,興味深い授業が行われていました。


で・・・・

としょぞうが見に行ったクラスの,今回の学習のテーマは・・・・



「フェアトレードで地球を救えるか」


です!!


そうです,「その1」で書いた,

「○○できるのか」


ですよ〜!!!!!

また出会ってしまいました!!!!


前の時間までに,それぞれフェアトレードについて調べるなどの事前準備がされており,
この授業では,フェアトレードで地球を救える派と救えない派がどんどん意見を出し合う・・・
というものでした。

あ,討論に入る前に,
フェアトレードチョコと,いわゆる普通のチョコの食べ比べも
行われたりしました。

見学者用のチョコも用意されていました。

画像



この授業でものすごくびっくりしたのが,

発言が,とまらない・・・・!ということでした。


公立の,ふつうの中学校なのですが,

「自分の意見を人前で発表する」ということをものすごく訓練しているようで,

発表がものすごく上手!

誰かが発言しおわると,すぐに次の子が手を挙げて,発言するのです。

前の人の発言をしっかり聞いて,
それをふまえての自分の意見が,すぐに言えるのです。

ほんとーに,すごい!!! こんなの見たことないくらいすごい!と,
感心しました〜〜。

先生は黒板に,各生徒の発言を,その場で短い言葉でまとめていきました。

生徒のネームカードを黒板に貼りながら,
どんどんまとめていっていました。

↓ 青いのと,赤いのが,ネームカードです。

画像


この,黒板に貼ってはがせるマグネットネームカードは,
この授業のために特別に作られたものではなくて,
いつも使い慣れているもののようです。

3年生の,ほかのクラスでも,同じように使われていました。

↓↓ これはとなりのクラスで行われていた,
「リオの伝説のスピーチ」についての道徳の授業の後の黒板です。

画像


やっぱりネームプレートと生徒の発言が,黒板にぎっしりと!!






さてさて,「フェアトレードで世界は救えるか」の授業の後半・・・・

先生が授業の途中で見せるはずだった動画がうまく動かなくて,
最後まで熱い討論が続いてしまうことになり,

「まだまだ言い足りないことはあるだろうけれど,次の授業へ続く・・・!」
という感じで終了になってしまったので
どういうふうに先生がまとめていくのかが見れなくてちょっと残念でした。

しかし,フェアトレードのよいところや問題点などについての生徒の発表は,
としょぞうの知らない内容のこともたくさんあり,非常に勉強になった授業でした!

フェアトレードを扱う授業では,相当な知識が必要になるんだな〜と
いまさらながらに改めて実感したりしました。




授業が終わってから体育館で行われたシンポジウムでは,
文部科学省の教科調査官の先生の

「探求型授業」の大切さについてのお話が,とても勉強になりました。


社会は,答えのない問題にあふれている,

だから,これからの時代は,答えのない問題を考え続けることが大切だということ,

授業は,答えを教えるのではないということ,

教員は自分が子どものころに探求型の授業を受けたことがない場合が多く,
ついつい答えを教えるような授業をしてしまうということ,

「探求型の授業」は,続けることにより,学び手も成長していくということ,


この日のフェアトレードについての討論の授業のような場合,
先生は生徒の長〜い発言を,ひとことで,的確に,簡潔に,
すばやくまとめていきながら授業を進めていく必要があり,
その力量が問われること,

探求し続けることによって,子どもは自己肯定感を持つことができること・・・・


などなど,いろいろなお話を聞くことができました。



この中学校の生徒たちは,
探求型の授業をものすごく楽しんでいるようでした!



「○○できるのか」という探求型の授業を楽しみながら育った子どもたちは,
どんな大人になるのだろうか・・・?

なんだか未来が明るく思えてきました!!!


としょぞう


ESD(持続発展教育)について(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/unesco/004/004.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おそくなりましたが,「その2」です。 としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる