としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 家庭科の先生方の研究会に参加させていただきました

<<   作成日時 : 2014/09/05 16:10   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

こんにちは。としょぞうです。

先日(8月某日),
ある地域の高校家庭科の先生方の研究会に誘っていただきまして,
一緒に勉強をさせていただいてきました。


まずは,学校のまわりを,
その地域の史跡ガイドボランティアの方々といっしょに歩きまして,
その後,まとめの学習を,学校の教室で行いました。

画像

としょぞうにとってその地域は,
数回行ったことがあるものの詳しくは知らない場所だったので,
史跡ガイドの方のお話はなにもかもが新鮮!!
とっても楽しかったです!!

でも,そんなとしょぞうだけでなく,
長くその近隣地域に住んでいる先生でも,
「知らなかったことがたくさんあった! とても勉強になった」
とおっしゃっていました。

身近すぎて,気にもとめていないことって,
結構あるものですよね〜。
知らなかったことを知ると,視野が広がって,
ますますいろんなことが知りたくなります。

史跡ガイドの方々=「まちの先生」も,
まちのことを知ってもらえることが,とてもうれしそうでした。

今回は先生方の研修会だったので,
高校生と一緒にまち歩きをしていたわけではありませんが,
まちの先生と高校生が一緒に勉強している姿を想像して,

「ああ〜,こういう交流は,大人も子どもも,
お互いに楽しいだろうな〜」

なんて思いました。

学校の教室でのまとめは,ワークショップ形式で,
まち歩きをして気付いたまちの魅力や課題などについて話し合いました。

グループに分かれ,ファシリテータ(進行役)を立てて,
史跡ガイドの方々も一緒に,みんなで一生懸命に考えましたよ。


これは最後の発表のシーンです。

画像



先生方は,この日に勉強しあったことを,
新学期の授業に生かしていくのだそうです。


生徒たちが夏休みの間,
先生方は,こうやって,魅力ある授業作りのために
みんなで知恵を出し合っているのですね〜!!

このブログの読者の家庭科の先生方も,
生徒たちの夏休み期間中は,
いろんな教材研究,授業準備をしていたことでしょう〜。

新学期の家庭科の授業,どうですか!?

また年末まで,楽しい家庭科の授業づくりを
よろしくお願いします!!!

教科書会社も,がんばります〜。

としょぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
始まりましたね〜。
うちの地区は創意工夫作品というのが夏休みの課題になっていて、子どもたちがいろいろな
発想をもとに作品を作ります。
で、前にとしょぞうさんがペットボトルのふたで針山ができるっていうのアップしてたじゃないですか。あれが何個か連結してブドウの針山ってのがありました
夏休みは子どもに宿題を出すかわりに、教師も力量UPですね。
りくっち
2014/09/05 21:28
りくっちさん! 新学期おつかれさまです〜。
ブドウの針山だなんて,発想がすばらしい! 思いつきもしませんでした〜。
子どもたちの一生懸命考えた作品を見るのは楽しそうです。おもしろいものがあれば,また教えてくださいね〜。
としょぞう
2014/09/06 09:19
うちの地区の研修会は、近所の国立大学の繊維博物館で蚕や繊維のことを学びました。博物館のボランティアの案内の方(=まちの先生)が博識のおじいさんで、博学博識の方にありがちなちょっとニヒルで皮肉っぽい感じが、私には面白かったです。
その大学は近所にあって、博物館もいつでも入れるのですが、こういうことでもないとなかなかきっかけがつかめません。よかったなと思っています。
yurimama
2014/09/07 22:39
yurimamaさん,新学期お疲れさまです〜!
その博物館,行ってみたいと思いつつ,行ったことがないんですよ〜。最近は存在すら忘れかけていたので,思い出させていただき,ありがとうございました!!
編集部の秋の自主研修として行ってみようかな・・・。

今回,先生方の研修会に参加させていただいたら,いつのまにか,生徒の気持ちになってしまいました。学校の先生やまちの先生といっしょに学ぶ安心感や贅沢感を経験し,子ども時代に戻ったような,なつかしい気持ちになりました〜。
「先生」ってやっぱりすごい!!あらためて,尊敬してしまったとしょぞうでした。
としょぞう
2014/09/08 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
家庭科の先生方の研究会に参加させていただきました としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる