としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに展覧会を見てきました

<<   作成日時 : 2012/03/05 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

こんにちは。としょぞうです。

先日,きょーとん君と一緒に「今和次郎 採集講義展」に行ってきました。


画像



ご存知の方も多いと思いますが,今和次郎先生は「考現学」の創始者で,
現在生きている人々の暮らし(服装,もちもの,行動など)を調査研究していました。

としょぞうの好きな展示は,

「中学生の制服はどの部分が破けるのか」調べ,
「赤ちゃんのおしめの模様」調べ,
「銀座を歩く人々の服装」調べ,
「食堂の茶わんの欠け」 調べ,
「当時の家庭にあるモノ全品」調べ,などでした。


調査の結果の示し方・見せ方がものすごくうまくて,
教科書の図表づくりなどにも参考になりました。

中の写真などは撮れないので,書いて説明をしたいのですが,
言葉ではどうも説明ができない・・・。う,う〜〜〜ん。


今和次郎先生については工学院大学図書館のHPに詳しく出てます。
→ここ

今和次郎 採集講義展(パナソニック汐留ミュージアム)
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/12/120114/


家庭科にも,ちょっと関係するかな〜〜〜と思ったので
ご紹介させていただきました。

ご興味のある先生は,ぜひ!


としょぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
興味深い展示会ですね。
この週末、時間があったらさっそく行ってきてみようかな、と思います。
necchi
2012/03/06 11:19
necchiさん こんにちは〜。採集講義展,おもしろかったですよ〜。作品は小さくてこまか〜いスケッチが中心なので,すごく近寄って見てしまいました。昔の人たちの生活の様子がよくわかっておもしろかったです!
としょぞう
2012/03/06 12:54
今和次郎さん…不勉強故、はじめて知りました。
「中学生の制服はどの部分が破けるのか」調べ,
なんて、実に興味深いですね!家庭科の教員のところに「縫って〜」と来る生徒の多くが、ズボンのお尻の部分だったり、ブレザーの脇の後ろの部分だったりするのですが、調査結果はどうなんでしょうか。。。
yurimama
2012/03/07 22:01
yurimamaさん! コメントありがとうございました。

洋服の破れ箇所は,上記のリンク先(工学院大学図書館),「ここ」というところの,『しらべもの[考現学]展覧会』のところをクリックしていただくと,下の方に図が出てきます。
ズボンは圧倒的に「尻」で,上着は「ヒヂ」だったようです。尻は昔も今も同じなのですね。尻の破れの補修の仕方,教科書に載せた方がいいかしらん・・・
としょぞう
2012/03/08 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに展覧会を見てきました としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる