としょぞうの家庭科教材研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学校の授業見学してきました(その1)

<<   作成日時 : 2012/11/15 17:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。としょぞうです。

冬の寒さになってしまった今日このごろですが,
いかがお過ごしでしょうか??



先週と今週,中学校の公開研究授業を見てきましたので,
ご報告いたします〜。

2つ授業を見てきたので,今日と,明日で1つずつ書きたいと思います!



1つ目は,キャリア教育の視点を取り入れた,
技術・家庭科(家庭分野)の授業です。

この日の公開研究授業は,
関東甲信越地区中学校進路指導研究協議会の千葉大会も兼ねていたので,
家庭科だけでなく,全教科について,
キャリア教育の視点を取り入れた授業の発表があったのですよ。
各教科でのいろいろな取り組みについて知ることができる,貴重な機会でした。
たくさんの先生が,参加されていました。

最近,「キャリア教育についてもっと知りたい!」と思っていたとしょぞうは,
「どうしても見学してみたい!」とお願いして,
千葉市の先生方にまじって見せていただいてきました。

画像


この日の家庭科の授業は,社会科とのクロスカリキュラムということで,
家庭科の先生と社会科の先生が,一緒に授業を行っていました。


ものすごくおおまかな授業の流れは,,,,


本日のテーマは「家族に起こる問題は,解決できるのか」

「ある日の家族の会話」のシナリオ(シナリオ1〜シナリオ5)が配られ,
それぞれ会話の一部分だけ,セリフが抜けています。
(中学生のセリフの部分)

この部分のセリフをそれぞれ考え,
みんなの前で,家族のロールプレイをします。
演技後に,それぞれの役の気持ちをふり返ります。

その後,社会科の先生が「社会集団における対立と合意」というお話をします。

(家族は社会の最小単位)

このお話を聞いたあとに,ふたたびシナリオの抜け部分を考えてみます。

社会科の先生のお話を聞く前とあとでは,
考え方に違いがあったかな? 

家族の問題の解決に近づくために,中学生としてどんなことができますか?

ということなどを考え,プリントにまとめ,終了

という流れでした(前時間までの流れ等は省略してます)。


この授業で,としょぞうが「おお!」と思ったのが,
ロールプレイングを通してみんなで考えるテーマが,

「家族に起こる問題は,解決できるのか」
だったということです。



授業中に,先生が,

「解決しよう,ではなくて,解決できるのか だからね。」

と,何度かおっしゃっていました。



この授業を見ながら,としょぞうは,

いままで教科書や教材をつくりながら,
「〜しよう」という言葉を,安易に使ってきたような気がして

「がつーん」と衝撃を受けたのでした。


この日は,なかなか見ることができないふつうの公立中学校の,
ふつうの中学3年生の姿を見ることができ,
(公開授業ということで普段より緊張していたとは思いますが)
しかも,他教科とのコラボレーション授業もとっても興味深くて,
いろいろと勉強になりました。

「○○できるのか?」っていう言葉,

としょぞうが編集担当する教科書や教材で,ぜひいつか何かで使ってみたい!!

「○○できるのか?」を生徒に考えてもらいたい!!

と思いながらこの日は東京へ帰ったのですが,

実はこの「○○できるのか?」に,
今週みてきた授業(愛知県の中学校)でも出会ってしまったのです・・・・。

ということで,次回につづきます。

としょぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中学校の授業見学してきました(その1) としょぞうの家庭科教材研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる